2016/08/16

フクイタクミ『百足』の隊員100人

  フクイタクミ『百足』(秋田書店、1巻:2015年/2巻:2016年/3巻:2016年)に登場する野盗集団「百足」の構成員たちの概要。丁寧に読んでみれば、各人の所属隊までちゃんと読み取れるように描かれていたし、100人分のキャラデザの贅沢さがよりいっそう楽しめた。


●「番号」は、死亡した順番。ただし、複数同時の場合や、描写によってタイミングがはっきりしない場合もあるので、厳密なものではない。

●「最期」は、死亡したページ。例えば「1-60」とある場合、1巻60頁を意味する。とどめの攻撃を食らった箇所ではなく、最終的に死亡したと思われる箇所を指示してある。

●「隊」は、所属する隊。「1/2」とあるものは、一番隊か二番隊か判然としないもの。2巻188頁のコメントによれば、一番隊は「割と装備のしっかりした人が多」く、二番隊は「軽装な人が多めかも」とのことだが、実際に個々のキャラクターの所属を確定できるほどではない。例えば、鎧や兜を着用している者は一番隊、諸肌脱ぎのキャラクターは二番隊と推定してもよいかもしれない。それ以外(三番隊以降)は確定情報でよい筈。太字にしてあるのは、その隊の最後の一人。

●各隊の旗を持っているキャラクターがいる。描写から判明するものは記載したが、隊内でどのようなルールになっているかは不明。特定の一人が携行担当になっているのか、それとも隊内の誰かが持っていればいいのか。三番隊と八番隊は、誰が旗を持っているか分からない。また、五番隊の旗は救護所(?)に掲げられている。

第一幕「馬頭丸」
番号最期 詳細(外見、武器、死に様)
11-601一番隊の隊長、「頭(かしら)」。総大将と同じ外見(甲冑と鬼面)。武器は斧刃の鎖鎌。顔面殴打で巨木に叩きつけられた。


第二幕「百足」
番号最期 詳細(外見、武器、死に様)
21-761/2白い蓬髪。顔面に斜め傷がある。ワイヤーで槌を打ち出す。味方の鎌に顔面を斬られた。
31-781/2黒い蓬髪とツリ目。武器は先端に鏃の付いた鞭。血が目に入ったところを、左胸を殴りつけられた。
41-781/2後頭部をお団子にしている。長身。両目が白い円形。武器は先端が鎌のようになった槍。血が目に入ったところを、左胸を殴りつけられた。
51-861/2白い蓬髪の巨漢。眼鏡。武器は四本の可動腕。頭部を蹴り上げられた。
61-901/2インディアンのような服装。太り気味。白いツリ目。武器は槍。味方の鉄球とともに顔面を踏みつけられた。二番隊所属か?
71-911/2癖毛とチョビ髭。左足に鎖鉄球を付けている。首を捻られた。二番隊所属か?
81-1042泥虎(でいどら)」。首の短い巨漢。武器は死体を挟んだ大きな二重鉄板。顔面を殴りつけられた。


第三幕「開戦」
番号最期 詳細(外見、武器、死に様)
91-1191/2黒い長髪を、先端でまとめている。武器は先端に三つの玉が付いた槍。右手の義手には仕込み刃がある。顔面を殴りつけられた。二番隊所属か?
101-1201/2帽子。右目周りに痣あり。死体の面皮を剥いで収集している。両手にそれぞれ巨大な刃。刃を片足で押さえられ、もう片足で顔面を蹴りつけられた。
111-1221/2両目を覆うギザギザマスク。キセルを持っている。武器は青竜刀。キセルも武器になる。顔面を両手で殴りつけられた。
121-1251/2顔面を布とゴーグルで覆っている。歯列がギザギザ。武器はカマキリのような鎌が二本。頭部を両手で潰された。二番隊所属か?
131-1311/2黒衣の月代頭。楊枝を咥えている。ナイフ。顔面を殴りつけられた。二番隊所属か?
141-1331/2筋肉質なアフロヘアー。武器は両手にトングのようなもの。地中から攻撃してくる。巨木に叩きつけられた。二番隊所属か?
151-1342二番隊隊長。褐色肌のスキンヘッド。眼鏡。武器は先端に鉄板の付いた棒。貫手で心臓を貫かれた。
161-1361褐色肌。二番隊隊長の弟。日本刀の二刀流。顔面を殴りつけられた。
171-1381/2弁髪の巨漢。右手に巨大な籠手を着けている。足を砕かれたのち、顔面に膝蹴り。一番隊所属か?
181-1421/2鉄兜の巨漢。武器は二本の鉄棒。さらに、味方たちの武器を巻き付けたものも使った。両腕を折られ、顔面を殴りつけられた。一番隊所属か?


第四幕「鬼退治」
番号最期 詳細(外見、武器、死に様)
191-1641一番隊の旗持ち。黒い頭巾とマント。武器は大きな刀。味方同士で叩きつけられた。
201-1642二番隊の旗持ち。頭部に包帯を巻いたスキンヘッド。武器は二本の幅広剣。味方同士で叩きつけられた。
211-1684四番隊の旗持ち。片目眼帯。月代を剃ったざんばら髪。靴の裏に刃が出る。顔面を踵で蹴りつけられた。
221-1734侍髷を結っている。筋肉質。武器は刃の入った仕込み棒が二本。顔面を竹で貫かれた。
231-1784筋肉質。肩当てと褌と兜のみ。額に刃の付いた兜。顔面を膝蹴り。
241-1784白い蓬髪。武器は鎖分銅の付いた、柄の長い鎌。顎を打ち上げられた。
251-1784ポニーテールに、嘴のように尖ったマスクをしている。武器は四枝の刀。蹴り飛ばされた。
261-1794垂れ目の巨漢。鼻と唇が大きい。武器は日本刀。顔面から地面に叩きつけられた。
271-1794黒い山高帽。前腕に縄を巻き付けている。武器は刀。胸部に肘打ち。
281-1794いかつい顔立ちの蓬髪。右手は小太刀、左手はトゲ付きの盾。首を潰された。
291-1904鉢巻と、「正」字模様のマントをしている。武器は多節棍。顔面を殴りつけられた。


第五幕「勇者」
番号最期 詳細(外見、武器、死に様)
302-134四番隊の隊長。ゴーグル、長身。武器は巨大な鉈。左腕ごと顔面を殴りつけられた。
312-368目の周囲に隈取りをしたパイナップルヘアー。武器はロケットパンチ。顔面を殴りつけられた。
322-378顔の右側に切り傷。外見は『ハーベストマーチ』のシイドとのこと。爆発する腕。味方のロケットパンチで頭部を吹き飛ばされた。
332-388甜頻(てんじき)」。豊満、褐色肌、オッドアイ。武器は紐付きの虎バサミ。味方の火薬で爆殺。
342-398フードとマント。外見は『ハーベストマーチ』のエクトルとのこと。糸。顔面を殴りつけられた。
352-398髭の巨漢。穴あきのアイマスクをしている。胸部に五本の角が出る。顔面に肘打ち。
362-418甲冑の巨漢。両手に髑髏模様の丸盾。頭部を踏みつぶされた。
372-428たぶん豊満。味方の死体に潰された。
382-428炭吐(たんど)」。八番隊の参謀。少年。味方の死体に潰された。
392-438フードとマントを着て、顔には「天」字を描いている。武器は触手のように動く八本の鞭。顔面を殴りつけられた。
402-458八番隊隊長。トゲトゲの顔当てとマント。武器は自称「勇者の剣」(燃える剣)。腹部を殴りつけられ、顎を蹴り上げられた。
412-497お泉の眼前で殴りつけられた。七番隊の旗持ち。
422-497お泉の眼前で殴りつけられた。


第六幕「その手に、握り」
番号最期 詳細(外見、武器、死に様)
432-847禍児(かじ)」。舌を出しているスキンヘッドの巨漢。お泉たちを追い回していた。武器は鉄棒。顔面を殴りつけられた。


第七幕「死地」
番号最期 詳細(外見、武器、死に様)
442-1077「悪鬼七番隊」の隊長。「オヤジ」と呼ばれている白髭巨漢の老人。歯列がギザギザ。武器は巨大な鉄槍。顎から上を引き千切られた。
452-1107包帯を巻いた禿頭の巨漢。右腕に卒塔婆を着けている。顔面を殴りつけられた。
462-1146六番隊隊長。編み笠と丸眼鏡。武器は龍を象った弓。石を投げつけられた。
472-1177蓬髪の巨漢。巨大棍棒と瓢箪徳利を持っている。両手で内臓を潰された。
482-1187古代ギリシア風衣装の巨漢。両腕に亀の甲羅を着けている。武器は骨。頭部を蹴りつけられた。
492-1227蓬髪長髭の巨漢。武器は歯車をつけた棒。顔面に膝蹴り。
502-1236野蓮(のばす)」。豊満。飾り付き兜とマント。目の下に一文字の傷跡がある。武器は大型の鉄砲。倒れた巨木に潰された。
512-1246黒帽子。武器は二丁拳銃。味方の死体を叩きつけられた。
522-1287髑髏マスクの巨漢。巨大な法螺を吹く。矢を投げつけられた。
532-1296パイナップルヘアーの頭が傾いている。右腕にボウガンを仕込んでいる。矢を投げつけられた。
542-1296鉄仮面の弓兵。武器は弓。矢を投げつけられた。
552-1296行者風の巨漢。武器は両手にボウガン。矢を投げつけられた。
562-1357片目眼帯に葉っぱを咥えている。武器は杵。顔面を殴りつけられた。


第八幕「邪」
番号最期 詳細(外見、武器、死に様)
572-1626褐色肌の巨漢。武器は弓矢。顔面を殴りつけられた。
582-1656五分刈りで目がまんまる。武器は箱型ボウガン。顔面から地面に叩きつけられた。
592-1696左右で色の違うフード付きの服。口元に布を巻いている。たぶん豊満。六番隊の旗持ちか? 武器は弓矢と短刀。谷底に投げ落とされた。
602-1696少女。武器は弓矢。谷底に投げ落とされた。
612-1849軍装を羽織っている。武器は仕込み刀。頭部を蹴り飛ばされた。
622-1849軍装の巨漢。ズゴック腕。顔面に膝蹴り。


第九幕「百手無双」
番号最期 詳細(外見、武器、死に様)
633-375月代頭に額帯鏡。武器は両手に円月手裏剣。顔面を殴りつけられた。
643-405黒いマントの巨漢。武器はメス。顔面を殴りつけられた。
653-405蓬髪の巨漢。両腕が義手。顔面に踵蹴り。
663-405服の背中に「外道印」とある。武器はハンマー。顔面に膝蹴り。
673-435お肋(ろく)」。五番隊隊長。背中の薬箱に「五番」と大書してある。短髪。豊満ではない。武器は小型の斧。平手で地面に叩きつけられた。
683-529蓬髪の巨漢。武器は両手にトンファー。顔面を殴りつけられた。


第十幕「青春」
番号最期 詳細(外見、武器、死に様)
693-635眼鏡と髭、ざんばら髪。武器は吹き矢機能のある短刀。顔面を殴りつけられた。
703-635巨漢。指が尖っている。顔面を殴りつけられた。
713-669軍装を諸肌脱ぎにしている。武器は先端が傘のように開く槍。胴体を蹴られた。
723-685サソリ」。弁髪の先端に鉄球と鉤爪。頭部を踏みつぶされた。
733-729軍装の巨漢。額に「×」字の傷跡がある。四輪車に形態変化する。胸部を殴りつけられた。
743-729軍装に帽子。豊満ではない。武器は剣。右手に信号弾を仕込んでいる。顔面を殴りつけられた。
753-783散黒(ちりくろ)」。豊満。黒衣短髪で、ゴーグルと耳当てをしている。四番隊の監視兼連絡役。二本の刃を射ち出す。空中で捕まって地面に叩きつけられた。
763-853とっつぁん」。長身で、長袖を余らせている。両目と口の周りを黒く塗っている。三番隊監督係。大きな環に嵌める。壁に叩きつけられた。
773-863死擂(しすり)」。豊満。アイマスクを付けている。二番隊の監視兼連絡役。武器は毒を塗った刀。壁に叩きつけられた。
783-903業桐(ごうぎり)」。豊満。ポニーテール。着物は水色。一番隊の監視兼連絡役。武器は二連刀。鍔には爆弾が仕込んである。爆死。
793-903芦姫(あしひめ)」。豊満。猫目マスクを付けており、狼たちを使嗾する。自身も鼻が利く。八番隊の監視兼連絡役。武器は両手に隠し爪。谷に落下して絶命したようだ。


第十一幕「ひとりと百人」
番号最期 詳細(外見、武器、死に様)
803-11310ハンドレッド」。三の将。褐色痩身。武器はトンファーのような柄の付いた刀。味方の盾に向けて蹴りつけられた。
813-11410百号」。八の将。仮面ライダー。巨大な盾。自分の盾ごと踏みつぶされた。
823-11610百羅坊(ひゃくらぼう)」。四の将。顔の左側に十文字刺青のあるスキンヘッド。武器は鎖分銅。顔面を殴りつけられた。
833-1199九番隊の旗持ち。軍装に片眼鏡。武器は鉾。顔面に膝蹴り。
843-1229九番隊隊長。丸顔の軍装。武器は包丁。味方ともども、地面に叩きつけられた。
853-1229軍装の巨漢。袖に鎖付き鉤爪。味方ともども、地面に叩きつけられた。
863-1249軍装、長身。隊長の弟のようだ。武器は包丁。頭部を蹴り飛ばされた。
873-1293金乃主(ごんのす)」。総髪の巨漢。五番隊の監視兼連絡役。武器は槍斧。槍で胸部を貫かれた。
883-1303岩長(いわなが)」。豊満長髪。鉢巻をしている。右頬に痣あり。九番隊の監視兼連絡役。武器は槍。先端には鎖付きの刃が数枚垂らされている。腕で絞め殺された。
893-1305斬呼(きりこ)」。豊満。エプロン。武器の巨大ノコギリは、『ケルベロス』の斬子が持っていたのと同じデザインのようだ。「凶鬼薬」で身体能力を強化した。腕で絞め殺された。
903-1305ジジ様」。「凶鬼薬」で身体能力を強化した。刀のようなものを持っていた。頭部を蹴り飛ばされた。
913-14010百崎(ひゃくざき)」。二の将。十番隊の旗持ち? ツリ目で、額に青筋を立てている。両肩にトゲトゲ。武器は三つに分かれるトゲ付き竹刀。顔面を殴りつけられた。


第十二幕「ありがとう」
番号最期 詳細(外見、武器、死に様)
923-14510百虎(びゃっこ)」。一の将。月代頭に頬当てをした巨漢。両目の周りに飾りを付けている。武器は三枚刃の日本刀。顔面を殴りつけられた。
933-14910百俔(ひゃっけん)」。五の将。ハリボテの巨大ロボットを中から操縦する巨漢。頭髪が上と左右に突き出ている。胸部を蹴りつけられた。
943-15210百之介(もものすけ)」。七の将。コートとマフラー。両頬に縫合跡。巨大鋏は、『ジョギリ屋ジョーがやって来る』(未読)に登場したのと同じデザインのようだ。頭から叩きつけられた。
953-15310百砲(ひゃっぽ)」。九の将。鉢金をした巨漢。二つの砲を両脇に抱えている。味方とともに叩きつけられた。
963-1613若様」。三番隊隊長。黒い長髪。七番隊の監視兼連絡役。武器は分厚い刀。顔面を殴りつけられた。
973-1643亜狗(あぐ)」。豊満。忍者風。六番隊の監視兼連絡役。武器は茨のようなトゲトゲ紐。味方の刃の上に落とされた。
983-1643黒衣とフード。十番隊の監視兼連絡役。槍の先端に、鉤爪の付いた紐を仕込んでいる。頭部を踏みつぶされた。
993-16710禍百(かはく)」。六の将。十番隊の旗持ち? 僧兵風の巨漢。顔面を布で覆っている。武器は地中を潜る槍。胸部を殴りつけられた。
1003-17610大百足(おおむかで)」。「百足」の総大将。甲冑と鬼面。武器は日本刀。顔面を殴りつけられた。




   所属する隊ごとにソートした全体リスト。

●各隊の隊長を最上位に。それ以外は死亡順。一番隊か二番隊か不明の者は、二番隊確定メンバーの直後に置いている。また、十番隊のみは、3巻94-96頁の登場順にしている。

●並べ替えをしただけなので、「詳細」欄は上記の死亡順のものと同一文面。

番号最期 詳細(外見、武器、死に様)
11-601一番隊の隊長、「頭(かしら)」。総大将と同じ外見(甲冑と鬼面)。武器は斧刃の鎖鎌。顔面を殴って巨木に叩きつけた。
161-1361褐色肌。二番隊隊長の弟。日本刀の二刀流。顔面を殴りつけられた。
191-1641一番隊の旗持ち。黒い頭巾とマント。武器は大きな刀。味方同士で叩きつけられた。
151-1342二番隊隊長。褐色肌のスキンヘッド。眼鏡。武器は先端に鉄板の付いた棒。貫手で心臓を貫かれた。
81-1042泥虎(でいどら)」。首の短い巨漢。武器は死体を挟んだ大きな二重鉄板。顔面を殴りつけられた。
201-1642二番隊の旗持ち。頭部に包帯を巻いたスキンヘッド。武器は二本の幅広剣。味方同士で叩きつけられた。
21-761/2白い蓬髪。顔面に斜め傷がある。ワイヤーで槌を打ち出す。味方の鎌に顔面を斬られた。
31-781/2黒い蓬髪とツリ目。武器は先端に鏃の付いた鞭。血が目に入ったところを、左胸を殴りつけられた。
41-781/2後頭部をお団子にしている。長身。両目が白い円形。武器は先端が鎌のようになった槍。血が目に入ったところを、左胸を殴りつけられた。
51-861/2白い蓬髪の巨漢。眼鏡。武器は四本の可動腕。頭部を蹴り上げられた。
61-901/2インディアンのような服装。太り気味。白いツリ目。武器は槍。味方の鉄球とともに顔面を踏みつけられた。二番隊所属か?
71-911/2癖毛とチョビ髭。左足に鎖鉄球を付けている。首を捻られた。二番隊所属か?
91-1191/2黒い長髪を、先端でまとめている。武器は先端に三つの玉が付いた槍。右手の義手には仕込み刃がある。顔面を殴りつけられた。二番隊所属か?
101-1201/2帽子。右目周りに痣あり。死体の面皮を剥いで収集している。両手にそれぞれ巨大な刃。刃を片足で押さえられ、もう片足で顔面を蹴りつけられた。
111-1221/2両目を覆うギザギザマスク。キセルを持っている。武器は青竜刀。キセルも武器になる。顔面を両手で殴りつけられた。
121-1251/2顔面を布とゴーグルで覆っている。歯列がギザギザ。武器はカマキリのような鎌が二本。頭部を両手で潰された。二番隊所属か?
131-1311/2黒衣の月代頭。楊枝を咥えている。ナイフ。顔面を殴りつけられた。二番隊所属か?
141-1331/2筋肉質なアフロヘアー。武器は両手にトングのようなもの。地中から攻撃してくる。巨木に叩きつけられた。二番隊所属か?
171-1381/2弁髪の巨漢。右手に巨大な籠手を着けている。足を砕かれたのち、顔面に膝蹴り。一番隊所属か?
181-1421/2鉄兜の巨漢。武器は二本の鉄棒。さらに、味方たちの武器を巻き付けたものも使った。両腕を折られ、顔面を殴りつけられた。一番隊所属か?
963-1613若様」。三番隊隊長。黒い長髪。七番隊の監視兼連絡役。武器は分厚い刀。顔面を殴りつけられた。
753-783散黒(ちりくろ)」。豊満。黒衣短髪で、ゴーグルと耳当てをしている。四番隊の監視兼連絡役。二本の刃を射ち出す。空中で捕まって地面に叩きつけられた。
763-853とっつぁん」。長身で、長袖を余らせている。両目と口の周りを黒く塗っている。三番隊監督係。大きな環に嵌める。壁に叩きつけられた。
773-863死擂(しすり)」。豊満。アイマスクを付けている。二番隊の監視兼連絡役。武器は毒を塗った刀。壁に叩きつけられた。
783-903業桐(ごうぎり)」。豊満。ポニーテール。着物は水色。一番隊の監視兼連絡役。武器は二連刀。鍔には爆弾が仕込んである。爆死。
793-903芦姫(あしひめ)」。豊満。猫目マスクを付けており、狼たちを使嗾する。自身も鼻が利く。八番隊の監視兼連絡役。武器は両手に隠し爪。谷に落下して絶命したようだ。
873-1293金乃主(ごんのす)」。総髪の巨漢。五番隊の監視兼連絡役。武器は槍斧。槍で胸部を貫かれた。
883-1303岩長(いわなが)」。豊満長髪。鉢巻をしている。右頬に痣あり。九番隊の監視兼連絡役。武器は槍。先端には鎖付きの刃が数枚垂らされている。腕で絞め殺された。
973-1643亜狗(あぐ)」。豊満。忍者風。六番隊の監視兼連絡役。武器は茨のようなトゲトゲ紐。味方の刃の上に落とされた。
983-1643黒衣とフード。十番隊の監視兼連絡役。槍の先端に、鉤爪の付いた紐を仕込んでいる。頭部を踏みつぶされた。
302-134四番隊の隊長。ゴーグル、長身。武器は巨大な鉈。左腕ごと顔面を殴りつけられた。
211-1684四番隊の旗持ち。片目眼帯。月代を剃ったざんばら髪。靴の裏に刃が出る。顔面を踵で蹴りつけられた。
221-1734侍髷を結っている。筋肉質。武器は刃の入った仕込み棒が二本。顔面を竹で貫かれた。
231-1784筋肉質。肩当てと褌と兜のみ。額に刃の付いた兜。顔面を膝蹴り。
241-1784白い蓬髪。武器は鎖分銅の付いた、柄の長い鎌。顎を打ち上げられた。
251-1784ポニーテールに、嘴のように尖ったマスクをしている。武器は四枝の刀。蹴り飛ばされた。
261-1794垂れ目の巨漢。鼻と唇が大きい。武器は日本刀。顔面から地面に叩きつけられた。
271-1794黒い山高帽。前腕に縄を巻き付けている。武器は刀。胸部に肘打ち。
281-1794いかつい顔立ちの蓬髪。右手は小太刀、左手はトゲ付きの盾。首を潰された。
291-1904鉢巻と、「正」字模様のマントをしている。武器は多節棍。顔面を殴りつけられた。
673-435お肋(ろく)」。五番隊隊長。背中の薬箱に「五番」と大書してある。短髪。豊満ではない。武器は小型の斧。平手で地面に叩きつけられた。
633-375月代頭に額帯鏡。武器は両手に円月手裏剣。顔面を殴りつけられた。
643-405黒いマントの巨漢。武器はメス。顔面を殴りつけられた。
653-405蓬髪の巨漢。両腕が義手。顔面に踵蹴り。
663-405服の背中に「外道印」とある。武器はハンマー。顔面に膝蹴り。
693-635眼鏡と髭、ざんばら髪。武器は吹き矢機能のある短刀。顔面を殴りつけられた。
703-635巨漢。指が尖っている。顔面を殴りつけられた。
723-685サソリ」。弁髪の先端に鉄球と鉤爪。頭部を踏みつぶされた。
893-1305斬呼(きりこ)」。豊満。エプロン。武器の巨大ノコギリは、『ケルベロス』の斬子が持っていたのと同じデザインのようだ。「凶鬼薬」で身体能力を強化した。腕で絞め殺された。
903-1305ジジ様」。「凶鬼薬」で身体能力を強化した。刀のようなものを持っていた。頭部を蹴り飛ばされた。
462-1146六番隊隊長。編み笠と丸眼鏡。武器は龍を象った弓。石を投げつけられた。
502-1236野蓮(のばす)」。豊満。飾り付き兜とマント。目の下に一文字の傷跡がある。武器は大型の鉄砲。倒れた巨木に潰された。
512-1246黒帽子。武器は二丁拳銃。味方の死体を叩きつけられた。
532-1296パイナップルヘアーの頭が傾いている。右腕にボウガンを仕込んでいる。矢を投げつけられた。
542-1296鉄仮面の弓兵。武器は弓。矢を投げつけられた。
552-1296行者風の巨漢。武器は両手にボウガン。矢を投げつけられた。
572-1626褐色肌の巨漢。武器は弓矢。顔面を殴りつけられた。
582-1656五分刈りで目がまんまる。武器は箱型ボウガン。顔面から地面に叩きつけられた。
592-1696左右で色の違うフード付きの服。口元に布を巻いている。たぶん豊満。六番隊の旗持ちか? 武器は弓矢と短刀。谷底に投げ落とされた。
602-1696少女。武器は弓矢。谷底に投げ落とされた。
442-1077「悪鬼七番隊」の隊長。「オヤジ」と呼ばれている白髭巨漢の老人。歯列がギザギザ。武器は巨大な鉄槍。顎から上を引き千切られた。
412-497お泉の眼前で殴りつけられた。七番隊の旗持ち。
422-497お泉の眼前で殴りつけられた。
432-847禍児(かじ)」。舌を出しているスキンヘッドの巨漢。お泉たちを追い回していた。武器は鉄棒。顔面を殴りつけられた。
452-1107包帯を巻いた禿頭の巨漢。右腕に卒塔婆を着けている。顔面を殴りつけられた。
472-1177蓬髪の巨漢。巨大棍棒と瓢箪徳利を持っている。両手で内臓を潰された。
482-1187ギリシア風の巨漢。両腕に亀の甲羅を着けている。武器は骨。頭部を蹴りつけられた。
492-1227蓬髪長髭の巨漢。武器は歯車をつけた棒。顔面に膝蹴り。
522-1287髑髏マスクの巨漢。巨大な法螺を吹く。矢を投げつけられた。
562-1357片目眼帯に葉っぱを咥えている。武器は杵。顔面を殴りつけられた。
402-458八番隊隊長。トゲトゲの顔当てとマント。武器は自称「勇者の剣」(燃える剣)。腹部を殴りつけられ、顎を蹴り上げられた。
312-368目の周囲に隈取りをしたパイナップルヘアー。武器はロケットパンチ。顔面を殴りつけられた。
322-378顔の右側に切り傷。外見は『ハーベストマーチ』のシイドとのこと。爆発する腕。味方のロケットパンチで頭部を吹き飛ばされた。
332-388甜頻(てんじき)」。豊満、褐色肌、オッドアイ。武器は紐付きの虎バサミ。味方の火薬で爆殺。
342-398フードとマント。外見は『ハーベストマーチ』のエクトルとのこと。糸。顔面を殴りつけられた。
352-398髭の巨漢。穴あきのアイマスクをしている。胸部に五本の角が出る。顔面に肘打ち。
362-418甲冑の巨漢。両手に髑髏模様の丸盾。頭部を踏みつぶされた。
372-428たぶん豊満。味方の死体に潰された。
382-428炭吐(たんど)」。八番隊の参謀。少年。味方の死体に潰された。
392-438フードとマントを着て、顔には「天」字を描いている。武器は触手のように動く八本の鞭。顔面を殴りつけられた。
843-1229九番隊隊長。丸顔の軍装。武器は包丁。味方ともども、地面に叩きつけられた。
612-1849軍装を羽織っている。武器は仕込み刀。頭部を蹴り飛ばされた。
622-1849軍装の巨漢。ズゴック腕。顔面に膝蹴り。
683-529蓬髪の巨漢。武器は両手にトンファー。顔面を殴りつけられた。
713-669軍装を諸肌脱ぎにしている。武器は先端が傘のように開く槍。胴体を蹴られた。
733-729軍装の巨漢。額に「×」字の傷跡がある。四輪車に形態変化する。胸部を殴りつけられた。
743-729軍装に帽子。豊満ではない。武器は剣。右手に信号弾を仕込んでいる。顔面を殴りつけられた。
833-1199九番隊の旗持ち。軍装に片眼鏡。武器は鉾。顔面に膝蹴り。
853-1229軍装の巨漢。袖に鎖付き鉤爪。味方ともども、地面に叩きつけられた。
863-1249軍装、長身。隊長の弟のようだ。武器は包丁。頭部を蹴り飛ばされた。
923-14510百虎(びゃっこ)」。一の将。月代頭に頬当てをした巨漢。両目の周りに飾りを付けている。武器は三枚刃の日本刀。顔面を殴りつけられた。
913-14010百崎(ひゃくざき)」。二の将。十番隊の旗持ち? ツリ目で、額に青筋を立てている。両肩にトゲトゲ。武器は三つに分かれるトゲ付き竹刀。顔面を殴りつけられた。
803-11310ハンドレッド」。三の将。褐色痩身。武器はトンファーのような柄の付いた刀。味方の盾に向けて蹴りつけられた。
823-11610百羅坊(ひゃくらぼう)」。四の将。顔の左側に十文字刺青のあるスキンヘッド。武器は鎖分銅。顔面を殴りつけられた。
933-14910百俔(ひゃっけん)」。五の将。ハリボテの巨大ロボットを中から操縦する巨漢。頭髪が上と左右に突き出ている。胸部を蹴りつけられた。
993-16710禍百(かはく)」。六の将。十番隊の旗持ち? 僧兵風の巨漢。顔面を布で覆っている。武器は地中を潜る槍。胸部を殴りつけられた。
943-15210百之介(もものすけ)」。七の将。コートとマフラー。両頬に縫合跡。巨大鋏は、『ジョギリ屋ジョーがやって来る』(未読)に登場したのと同じデザインのようだ。頭から叩きつけられた。
813-11410百号」。八の将。仮面ライダー。巨大な盾。自分の盾ごと踏みつぶされた。
953-15310百砲(ひゃっぽ)」。九の将。鉢金をした巨漢。二つの砲を両脇に抱えている。味方とともに叩きつけられた。
1003-17610大百足(おおむかで)」。「百足」の総大将。甲冑と鬼面。武器は日本刀。顔面を殴りつけられた。